自己紹介

AU LAC DO BRASILはベトナムにおけるブラジルスタイルの料理を提供する最初のレストランです。2003年に開店したAU LAC DO BRASILは、ベトナムで本格的なブラジルスタイル料理を作ることに専心したNguyen Thi Nga氏のレストランです。熱気あふれるサンバのブラジル旅行から帰った後、彼女はブラジルの食文化に魅了されました。そして、その熱い民族の伝統的精神を料理を通じて広く伝えたいと思い、このレストランを始めることにしました。

Au Lac do Brazilは、便利な3区中心部の風通しの良いPasteur通りにあります。暖かい太陽の下、伝統的なカクテル・カイピリーニャ(CAIPIRINHA)やワインなどと一緒に素敵なディナーを過ごしたり、友人を誘ってサンバの情熱的ダンスで盛り上がったり、いろいろな楽しみ方ができます。また、落ち着いた古代様式の建築物は、ビジネスでのご利用にも喜ばれています。シンプルでありながら優雅な内装は、お客様がゆっくりとくつろげる雰囲気となっています。

スタッフ一同の心からのおもてなしは、忘れられないお食事となることをお約束いたします。

私たちのレストランは、素敵な旅の始まりです。料理を通じてお客様をブラジル各地やブラジル人の一般家庭へとお連れします。直輸入した新鮮で良質な食材を使い最高の料理を提供いたします。オープンキッチンにてご用意いたしますので、食べるだけでなく目で見てお楽しみください。

Au Lac do Brazilのおすすめ料理はシュラスコです。シュラスコとは、ブラジル南部を起源とする肉塊を長い串に突き刺した串焼き料理のことです。これらの肉は、専用のシュハスケイラと呼ばれる設備で焼きます。ブラジルではアパートの共用スペースなどに必ずといっていいほど儲けられているポピュラーなものです。当店にお越しになった際は、自慢のシュハスケイラで焼いた肉をご賞味ください。

サービススタイル

レストランAu Lac do Brasil にお越しになったら、リラックスしてお待ちください。ゆったりとした時間をお過ごしになりながら、当店自慢の料理、お飲み物、独特のパフォーマンス等をお楽しみください。

ブラジルへの冒険は、最高の前菜から始まります。素敵な肉料理の宴へといざなうカクテルはカイピリーニャ(CAIPIRINHA)です。

メニューからお食事をご注文いただいた後、伝統的なソースを使った新鮮な野菜のサラダをお持ちいたします。

その後、当店の熟練料理人がいろいろな「PASSADORS(焼き加減)」でシュラスコの旅をご案内いたします。その旅の始まりは「大きなナイフ」で切り開かれます。長い串に刺し、豪快に焼き上げた肉をお客様のお皿に直接切り分けます。

緑と赤のコースターカードでお客様はウェイターに合図をします。お客様がまだ食べられる場合は、緑色の面を上にしてください。もう食べられない場合、少し休みたい場合は赤面を上にしてください。ウェイターはカードの色を見て料理をお持ちします。

旅の最後は、デザートでしめくくりです。当店では、そのおいしさから有名になったパッション・フルーツ・ムースをご用意しています。ほどよい甘みと酸味が、思い出に残るすばらしい旅の余韻となるでしょう。